交通事故の後遺障害「疼痛性感覚異常」とは

交通事故の発生によっては大きな被害をもたらすことが多々あります。被害によっては日常生活に大きな支障をきたす症状や、寝たきり状態や植物状態になることもあります。大きな被害の例として疼痛性感覚異常が挙げられます。この、疼痛性感覚異常という言葉をご存知でしょうか。一般の方々ではあまり聞いたことや目にしたことはないのではないでしょうか。

疼痛性感覚異常とは交通事故によって骨折をして手術やギブスによって固定治療を終えた後に、腫れが引かなかったり、皮膚の色が異常であったり、激しい痛みや痺れが慢性的に起きることがあります。これらの症状を疼痛性感覚異常と言います。疼痛性感覚異常には複合性局所疼痛症候群(CRPS)と呼ばれるものがあります。またCRPSの中にも交感神経の関与の有無によって神経損傷が伴わない反射性交感神経性ジストロフィー(RSD)と伴うカウザルギーに分類されます。

RSDなどのCRPSの診断や治療は医者であっても判断が難しく、場合によっては医師によって診断が見過ごされることもあります。また、後遺障害の認定でも、疼痛性感覚異常の立証は難しいものとなっています。当サイトでは、もしも交通事故の被害によって自分が疼痛性感覚異常となった場合の対応方法について、加害者側への被害請求についても紹介します。また疼痛性感覚異常についても詳しく説明していきます。もし、同様の症状がみられた場合には、適切な措置を取るよう、意識しておくことをおすすめします。