等級が正しいかどうか

疼痛性感覚異常であった場合に、後遺障害等級認定が正しいかどうかは確認しないといけません。受傷部位の疼痛であるか、特殊な疼痛であるかによっての違いもあります。立証するのが非常に難しいという特徴があるため、早い段階で専門の医師に診断してもらう必要があるのを覚えておかないといけません。等級が正しいのなら問題ないものの、そうではない場合もあるのが事実です。

そして、肝心となる保険会社との対応については交通事故に強い弁護士に頼るのが一番といえるでしょう。治療を早めに開始して根気よく治療とリハビリを行っていきながら、保険会社との対応をするのはあまり現実的とは言い難いです。保険会社からすれば、支払いが多くなるかどうかの大きなポイントになるため、あの手この手は使ってくるものとして考えるべきです。これが交通事故に強い専門家である弁護士がサポートすることによって、治療に専念ができるといえるでしょう。

等級が正しいかどうかは交通事故の後遺障害に詳しく、専門的な知識がある方でないと判断ができません。医師ですら判断をするのが難しい問題であるからこそ、専門家である弁護士の存在が大きいといえるでしょう。妥協した対応をしないために、弁護士に依頼するのは大きなポイントになります。

 


疼痛性感覚異常とは

疼痛性感覚異常は交通事故によっておった怪我が手術やギブスなどの固定治療を終えた場合でも、痛みや腫れなどが取れずに長引く後遺障害のことを指します。交通事故から時間が経過しても、関節のこわばり、皮膚の変化、体の腫れなどの症状が表面化する場合もない訳ではありません。ただ、直接的な因果関係を認めるのは非常に難しいものです。

なぜなら、医師であっても診断内容や治療方法は判断が難しく、診断が見過ごしてしまう場合もない訳ではありません。最も重要になるのが症状を正確にしっかり伝えることです。治療の欠落期間があるのなら、損害賠償の際に交通事故との因果関係を疑われる理由になります。通院とリハビリを続けるのが重要です。疼痛性感覚異常の後遺障害が認められた場合に関しては、後遺障害7級~14級が認められます。

いうまでもなく、どの等級に認定されるかによって、人生に大きな影響を与えるものです。困った場合はやはり専門家である弁護士に相談した上での対応が望ましいといえます。場合によっては示談や裁判に発展するケースもあるのが事実です。一生を左右する大きな出来事になるため、妥協した対応は慎むべきで、徹底的に戦うという姿勢を持つのが大切になります。


交通事故の後遺障害「疼痛性感覚異常」とは

交通事故の発生によっては大きな被害をもたらすことが多々あります。被害によっては日常生活に大きな支障をきたす症状や、寝たきり状態や植物状態になることもあります。大きな被害の例として疼痛性感覚異常が挙げられます。この、疼痛性感覚異常という言葉をご存知でしょうか。一般の方々ではあまり聞いたことや目にしたことはないのではないでしょうか。

疼痛性感覚異常とは交通事故によって骨折をして手術やギブスによって固定治療を終えた後に、腫れが引かなかったり、皮膚の色が異常であったり、激しい痛みや痺れが慢性的に起きることがあります。これらの症状を疼痛性感覚異常と言います。疼痛性感覚異常には複合性局所疼痛症候群(CRPS)と呼ばれるものがあります。またCRPSの中にも交感神経の関与の有無によって神経損傷が伴わない反射性交感神経性ジストロフィー(RSD)と伴うカウザルギーに分類されます。

RSDなどのCRPSの診断や治療は医者であっても判断が難しく、場合によっては医師によって診断が見過ごされることもあります。また、後遺障害の認定でも、疼痛性感覚異常の立証は難しいものとなっています。当サイトでは、もしも交通事故の被害によって自分が疼痛性感覚異常となった場合の対応方法について、加害者側への被害請求についても紹介します。また疼痛性感覚異常についても詳しく説明していきます。もし、同様の症状がみられた場合には、適切な措置を取るよう、意識しておくことをおすすめします。